お知らせ

スランピングって??

 ステンドグラスの教室でキルンワーク(電気炉を使った作品作り)を取り入れているところも多いかと思います。

 ビッグハウスでもキルンワークを取り入れております。

 「創作ステンドグラス工房 ビッグハウス」の会員作品展『木もれび展』では、テーマ作品を設けており、今回のテーマが『スランピング』!


  まず、『スランピング』って??

  よりも、『キルンワーク』って??

 と言うところからお伝えしましょう。


 『キルンワーク』=電気窯で熱を加えての作品作り

 キルンワークの種類は主に、

  ◆パート・ド・ヴェール (石膏型にガラスを溶かして形成)
  ◆フュージング (ガラスとガラスを溶かして付ける)
  ◆スランピング (熱を加えてガラスを曲げる)
  ◆絵付け (ガラスにガラスの絵の具で絵を描き焼き付ける)

 と言う感じです。


 では、『スランピング』について。

 上の項では「熱を加えてガラスを曲げる」と書きましたが、具体的にどうする事かと言うと、「モールドと呼ばれる型の上にガラスを置き、熱を加えガラスを柔らかくし、ガラス自身の重みで型の形に形成する。」事です。

 例えば、下の画像のように窯にモールド(今回のモールドは瓦型っぽいの)を設置し、上に曲げたいガラスを置きます。
IMG_3045.JPG
 そして、窯のふたを閉めて、スイッチオン!
 曲がる温度帯まで熱を加えます。

 その後は徐冷。

 温度が下がりきると、窯のふたを開け取り出せます。

 上の画像のガラスパーツは平らなのでモールドから浮いた部分がありましたが、熱を加えた事によりガラスが柔らかくなり自分の重みで浮いた部分が下へと落ちます。

 出来あがってきたパーツはモールドの傾斜に沿って曲がった状態となります。

 こうして曲げる事を『スランピング』と呼びます。


 売られているモールドの形状も色々あり、作品によってはモールド自体を自作したりし、このようにスランピング技法で作られる作品で一般的に良く見られるのはお皿が多いかな?と思います。
IMG_3047.JPG
 こちらは6枚のガラスパーツを曲げて作ったランプシェードです。


 ビッグハウス会員様には、テーマ作品をひとつお作り頂くようにお願いしており、『第8回 木もれび展』に出展して頂きます。

 この記事をご覧頂いて『スランピング』に興味が湧いたという方は、是非会場で実際に作品をご覧頂けるとおもしろいと思います。


 余談ですが、今回のテーマ作品は先生も必死!!
会員の皆さんの作品作りがひとつひとつハイレベルなので…嬉しい悲鳴。笑 

--------------------------------------------

         『第8回 木もれび展』

 創作ステンドグラス工房ビッグハウス 会員作品展
IMG_2772.JPG

       2018 3/22(木) 〜25(日) 
         10:00 〜 17:00
         最終日15:00まで

       芸術会館美楽来(みらく)
      奈良県生駒市西松ヶ丘2-20

     ご来館の際は公共交通機関をご利用
     頂きますようご協力お願い致します。

       入場無料/販売はしておりません

  ビッグハウス新石切工房と生駒工房を合わせた会員様、総勢約70名がひとりあたり4点ぐらい計250余点出展致します!!スランピング作品のほか、ステンドグラス作品がたくさん展示されます。
---------------------------------------------

CIMG4227.JPG
 2016 木もれび展 風景
------------------------------------------------
【生駒工房】奈良県生駒市門前町6-10 Pあり
       0743-75-8656
       http://big-house.jp

生駒工房カレンダーhttp://big-house.sblo.jp/category/4048159-1.html

【新石切工房】大阪府東大阪市西石切町1-4-57 1F
         072-988-5696
         bighouse.s@nifty.com
         http://bighouse.art.coocan.jp
  https://www.facebook.com/bighouseshinishikiri/

新石切工房カレンダー
http://bighouse.cocolog-nifty.com/blog/cat21172332/index.html