お知らせ

ガラス紹介

 「ステンドグラス用のガラス」と、一言で言っても、すごーーーーい種類と色目があり、作品を作る時にどんなガラスを使うか、めちゃくちゃ迷う事は常にある事ですが。

 最近生駒工房で見つけたガラスをご紹介致します!


 『第8回 木もれび展』で、生駒工房 講師:大家文枝が出展していた作品に、藤の花のモチーフのものがありましたが、そちらのバック(背景)に使われていたガラス!

「 旧フィッシャー」のガラス!
 「フィッシャー」は今は廃業していて、後継して「ランバーツ」が製造はしておりますが…

 藤のパネルは、残念なことに木もれび展の会場では、パネルの後ろから光を入れる事は出来ませんでしたので、このガラスの良さの半分も伝わらなかったと思います。
 (ちなみに藤のパネルの手前に透明ガラスが入っております。)
IMG_3187.JPG
 と言う事で、光を入れた時のパネルの画像を載せておきます。
IMG_3216.JPG
  ( ̄▽ ̄)♡
 やっぱり、光が入った状態とそうでない状態では全く違いますね〜。

 同じ「旧フィッシャー社」のガラスが数枚のみ、入荷しております。
IMG_3283.jpg


 さて、お次は、棚を見ていたら出てきたこのコたち!

 「ランバーツ」
 ピンク赤からピンク紫へのグラデーション!
 目を引く色味ですねw(゚o゚)w鮮やか
IMG_3310.JPG


 お次は「フリモント」!
 やばいですね〜。綺麗過ぎる!
 紫・ピンク・黄色のストリーキー
IMG_3309.JPG
 と、今回はステンドグラスのガラスを作る職人さんが、ひとつひとつ吹きガラスで作ってくれている『アンティークガラス』をご紹介致しました。

 アンティークガラスの手づくり感って本当に素敵ですよね〜。

------------------------------
【生駒工房】
 奈良県生駒市門前町6-10 Pあり
 0743-75-8656
 http://big-house.jp

【新石切工房】
 大阪府東大阪市西石切町1-4-57 1F
 072-988-5696
 bighouse.s@nifty.com
 http://bighouse.art.coocan.jp
 https://www.facebook.com/bighouseshinishikiri/